又要來見笑了~因為前次胡亂寫出有關台灣健康與美的話題,第一篇獲得實習公司大家的讚賞,這次為了要繼續寫出第二篇,我可是超認真思考了很久,結果絞盡腦汁還是擠不出來,硬是拖了很久才交出去,拍謝~不過藉此有點體會到作家趕稿的痛苦了,哈~

這篇是在講台灣的溫泉、在台灣泡溫泉跟日本的差異,像台灣很多露天溫泉都還是男女混浴,所以必須穿泳裝帶泳帽,還有台灣的溫泉幾乎都有SPA,這種頗具娛樂性的變形溫泉,還真是有台灣味道呀!SPA的強勁水柱,每個都馬是比痛的,好像打在身上越痛越有益健康的感覺吼?不過我對這種東西真是畏懼,就跟腳底按摩一樣恐怖吧!

最後稍微介紹一下關仔嶺泥漿溫泉,老實說我也沒去泡過哩~我征服過的溫泉應該也只有烏來溫泉吧。要把泥漿塗在身上,還真爆笑啊!泥漿粒子非常細,可以帶走身上的老舊角質,肌膚重現光滑柔嫩,真都是泥漿的POWER啊~

這樣應該算有扯到健康與美了吧!?

第3篇打算寫吃的,有什麼養生美容的好東西啊?思考中~~
原文-----------------------------------------------------------------------------------原文

皆さんは台湾が温泉天国であることを知ってますか?
   

北投、陽明山、関子嶺、四重渓の4つ、昔は日本統治時代から開発された歴史のある温泉地で台湾四大温泉と呼びました。レジャーブームや健康志向に乗って、各地に宿泊施設も増え、現在台湾には100ケ所以上の温泉があります。   

しかし、日本の温泉と違う点がいくつあります。まず、露天風呂に入るには、水着を着用しなければなりません。水泳帽までも必要です。このようなところでは、男女が一緒に入ります。温泉もプールのようなレジャー感覚があるでしょう。ただ、水着着用ではないところもだんだん増えてきて、男女が別々に全裸で入ります。この場合、女性はシャワーキャップをかぶる必要があります。   

また、露天風呂と男湯/女湯にもほとんどSPA施設があります。大きな浴槽には、ジャグジーや打たせ湯がついています。横にはボタンがついていて、押すと3分間ぐらい打たせ湯や泡が出てくるようになっています。この打たせ湯がかなり強力で、打たせたところが真っ赤になってしまうほど。台湾人は、足裏マッサージといい、痛いほど刺激することが健康によいと考えているからです。(私は強すぎて苦痛を感じてしまって、いつもギブアップしますね。台湾人なのに、、、 

今回は世界的にも珍しい台湾の台南県にある「関子嶺温泉」を紹介します。透明度は僅か2cmほどで泥を含んだ灰濁色の湯が、関子嶺温泉の最大の特徴です。細かな泥の粒子が多量に溶け込んでいます。みんなは温泉に入りながら、泥を全身を塗ります。でも、口に泥が入らないように気をつけてくださいね。泥の細かい粒子のパワーでお肌もつるんつるん、ピカピカになります。キレイになりたい女性や温泉ファンなら是非ともご入浴していただきたい面白い泉質ですよ。

purinpei 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()